• <bdo id="06iie"><center id="06iie"></center></bdo>
    <xmp id="06iie"><table id="06iie"></table>
  • <table id="06iie"><noscript id="06iie"></noscript></table>
    <table id="06iie"></table>
    本文へ

    環境()経済()と社會は、おたがいに()()き、それぞれの問題が関係()していて、さらに各地域()に住む人たちの生活に大きな影響()をあたえています。
    都市と地方が、それぞれの特性()を生かし、それぞれに提供()し合い、助け合うことで、おたがいの環境()経済()がうまく作用し合い、()らしやすい社會をつくっていくことができます。
    たとえば、美しい里山や河川()などの緑()かな自然()にめぐまれた地方。
    ()かな自然()保護()し、これから先ずっと保持()していくには、実はとてもお金がかかります。里山や河川を保全()するためには、人や設備()必要()です。しかし、地方には、保全()するためのお金が足りません。
    一方で、都市には、人口も多く、仕事もたくさんあり、お金によゆうはあるけれど、緑()かな自然()自體が少なく、自然()にふれる機會()が少ないといえます。
    そこで、地方のさまざまな人たちがアイデアを出し合って、自然環境()歴史()?文化など、地方固有()のみりょくを観光()客に()えることで、その価値()や大切さが理解()され、環境()や文化の保全()につながっていくことを目指す「エコツーリズム」という仕組みを活用します。
    エコツーリズムで、その地方を()れた観光()客(ほかの地域()から來た都市や地方の人)にお金を使ってもらい、その地方は、そのお金で里山を保全()したり、きれいな空気や()かな水などの自然()のめぐみを生かした新しい商品やサービスのために人をやとったり、設備()を整えたりできます。
    また地方では、地域()內で作られた太陽光や風力などの再生()可能()エネルギーが、必要()とするエネルギーの()を上回れば、地域()外にエネルギーを売ることができます。地域()自治體()や會社、住民が協力()して、再生()可能()エネルギーを供給()することで、地域()経済()を元気にすることができるのです。
    そして、都市では、地方から再生()可能()エネルギーを買うことで、火力発電所で()やす石油や石炭などの化石燃料()()らすことができ、二酸化炭素()()らす「脫炭素()社會」に一歩近づくことができます。
    都市も地方も、自然()や文化を守り、未來()への財産()として引きついでいく、活力あるずっと()けられる地域()づくりを目指していきます。
    環境()地域()を元気にしていく、また持続()可能()地域()づくりを背負()って立つ人を育てるのも、環境省()の大切な役割()です。
    風力博発電風車 寫真
    環境()にやさしい、自然()の風の力を
    利用()した風力発電です

    環境省のおしごと リンク一覧

    迷人女教师理论片波多野
  • <bdo id="06iie"><center id="06iie"></center></bdo>
    <xmp id="06iie"><table id="06iie"></table>
  • <table id="06iie"><noscript id="06iie"></noscript></table>
    <table id="06iie"></table>